はちみつお手伝いの学びブログ

土地区画整理法 都市計画課で確認 宅地造成等規制法 宮崎市は指定なし 土砂災害防止対策推進法 宮崎市土木課で確認 津波防災地域づくりに関する法律 宮崎市は指定なし 国土利用計画法 都市計画課で確認 公有地拡大推進法 都市計画課で確認 土壌汚染対策法 環境保全課 ※ただし、宮崎市では、形質変更時届出区域、要措置区域の指定なし 景観法 景観課...
不動産の物件調査について大切な法令上の制限 ・都市計画法...

「宅地」の後は、、、 「建物」( ˘ω˘ ) 建物とは、建物の種類は問われません。マンションの「○○号室」も建物。となるようです。 次は「取引」、、、 普通に人生を歩んできた私には何だか言葉だけでも難しそう"(-""-)"
宅地建物取引業とは、4つの単語それぞれすべてを行う事である。という事なんですね。( ..)φメモメモ ではまず「宅地」に注目。。。 「宅地とは」 ➀現在建物が建っている土地。 建物の種類は何でもよく、住宅に限っているわけでは無いそうです。 ②建物を建てる目的で取引する土地。 現在、建物が建っていなくても、建てる目的で取引する土地は宅地にあたるそうです。 ③都市計画法で定められている用途地域内の土地 用途地域は、人々が住んでいるところだから、現在建物が建っていなくても、また建物を建てる目的がなくても、いずれは周りの土地と同じように建物が建てられる可能性が高いので、宅地として扱われます。ただし、現在、道路・建物・公園・河川・広場・水路である土地は宅地ではないのです。そのような土地には将来も建物が建てられる可能性は低いからです。 (^o^)/用途地域内の道路予定地は、現在道路ではないので、宅地になります。

はちみつ付き人の宅建業の学びを記していくブログになります。 第一章  宅建業の意味 宅地 建物 取引 業 それぞれすべてに当てはまる行為を行う場合は、宅地建物取引業にあたるために、免許が必要になるのだそう。 4つの中の1つでも欠けていると、、、宅地建物取引業ではない。 となるのだそうで、('Д')、、、 免許は不要。となる。 例えば、、、宅地ではない土地の取引を業で行ったとしても、宅地宅建取引業にはあたらず、」免許は不要なのだそうです。(''Д'')